top of page

師走月次祭祝詞


今月の月次祭に奏上しました祝詞の内容を公開いたします。


さて今月は、一年の最後の月。

もういくつ寝るとお正月、ですよね。


新年を待ち望む気持ちというのは、昔から変わらなかったようで、そんな気持ちを歌った和歌を三首引用させていただきました。


“新玉の年行き返り春立たば まづ我が宿に鶯は鳴け” ー 大伴家持

“鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞふけにける” ー 大伴家持

“冬ながら空より花の散りくるは 雲のあなたは春にやあるらむ” ー 清原深養父


意図せず大伴家持の歌を選んでしまうほど、家持の歌が好きなのですが、

今回は特に三首目の“冬ながら〜”の歌に影響を受け、祝詞を作成しました。

意味としては、冬なのに空から花(雪)が降ってくるのは、雲の向こうは春なのだろうか。

情景の雄大さと、春を待ち望む気持ちがこうも美しく描けるものかと感銘を受け、それを祝詞の文として認めました。


こんな感性を持って日々生きられることができたら。

本当にそう思います。


ではいい加減寒くて辛い冬も、歌を口ずさみながら乗り越えていきましょう。




Comments


bottom of page