top of page

皐月 月次祭祝詞


今月の月次祭に奏上しました祝詞の内容を公開いたします。


今月の祝詞は、母の日に合わせて、母なる大神様に感謝申し上げる内容となっています。私たち氏子は、大神様の眼差しを受けて、揺り籠で眠る赤子のように、満ち足りて幸せで、例え生まれ変わっても、また大神様の氏子として生まれたい、そんな思いを祝詞に込めています。


以下、祝詞作成に引用しました和歌をご紹介いたします。


“あかつきの天の藤原ほの見えて わか紫のたな雲立つも” - 与謝野晶子


“もう一度生まれ変わって我が母に頭撫でられて大きくなりたし” - 前川佐美雄


“やすらぎに面はみちたりたらちねの母のまなざし受けて眠る子” - 上皇陛下


“かげひたす水さへ色ぞ緑なる よもの梢の同じ若葉に” - 藤原定家

(水に映る影さへ緑の色になるほど四方の梢が若葉でいっぱいだよ)


“花散りし庭の木の葉も繁りあひて 天照る月の影ぞ稀なる” - 曾禰好忠

(花が散った庭の木の葉も繁りあって、空に照る月の光が射すことはほとんどない)


今回は現代短歌からも引用しております。また5月頃の緑が繁っている情景を美しく歌った歌もありましたので、引用させていただき、皐月に相応しい祝詞が完成いたしました。


それでは今月もよろしくお願い申し上げます。


Comments


bottom of page