​御由緒

 当神社の起源は康保元年(964)に龍王村地頭職菅原某により創祀されたとされる。鎌倉時代の記録によると旧西二村郷(現在の川西町)には、藤原氏に所縁のある興福寺領の荘園が置かれ、その中心に春日神社が位置するため藤原氏の氏神である春日大社から勧請されてきたと考えられる。

 天正年間に長曾我部元親の侵攻を受け本殿は焼失したが、御神体は炎の中から救出され、寛永14年(1637)の本殿再建に際して再び奉斎された。明治5年(1872) 8月には、旧社格制度において村社に列せられる。

 

   御祭神

天児屋根命 (アメノコヤネノミコト)

 

 日本書紀 神代巻には“神事を司る宗源者なり”とあり、天の岩戸開きの段、卜占を行い祝詞を奏上した。これは現代の神道における祭りの形式の源流であると言われる。この事から神事宗源の神と称えられている。

 また天児屋根命は、中央政権で神事を司った中臣氏の祖先神、

つまりのちの藤原氏の祖先神であり、藤原氏が摂関政治などで繁栄を極めたことからも、出世の神であるとされている。

​         

 

 

          末社

川西宮

 

 春日神社の氏子の中で、先の大戦において名誉の死を遂げられた英霊を祀る。

発明神社

 

御祭神:素戔嗚尊 大己貴神 三穂津姫

発明にまつわる偉人:
聖徳太子 平賀源内 北里柴三郎 二宮忠八他計22名


 氏子である発明学会の創立者であり会長である豊沢豊雄氏により、「日本古来からの先人から創造力、発明力などで、世のため人のために尽くした22名の方々を神として祀り、その人々を敬い尊敬することによって、氏子たちの創造力が増し、学問向上し、大きな財産をつくることができる」という趣旨のもとに建立された。

境外末社

双子山神社


御祭神:大山祇神


 春日神社から約1km南に位置する双子山の山頂付近に鎮座する。元は丸亀城のある亀山に鎮座していたが、慶長7年(1602)に生駒氏が丸亀城築城の際、今の地に遷座させた。

― 春日神社 ―

住所:香川県丸亀市川西町北627

tel:080-6282-4428

Email:little.kasuga@gmail.com

  • Twitter
  • Instagram

© 2020 春日神社 All Rights Reserved. 

Wix.comを使って作成されました